【 解剖学 】質の高い肩はこう作る! 2つの角度で魅せるスカルプト!

肩周りを作成する動画、重要ポイント抑えて見どころ満載

顔周辺にある部位なので目に触れる機会の多い肩、筋肉、骨、筋等表面に現れる
構成要素が多く複雑、しかしポイントを抑えて作ればとても見栄えのする部位!!

抑えておきたいポイントが短くまとめられた良質メイキング、線ではなく塊で捉えている点も
好印象、大きな筋肉のボリュームに目が行きガチですが骨や体脂肪率、解剖図的で見られる構造が皮で覆われている点も大切。

腕をおろした典型的な状態からスタート

鎖骨の位置、僧帽筋のボリュームが安定してきた

この方法良い! 筋肉と骨の住み分けを後から調整している

途中で腕の角度を変え、それに合わせて体表の表情も調整
  胸筋は腕の角度で大きく表情の変わる筋肉


フィギュアスカルプティング 粘土で作る全身像:アナトミーと面からの構築

3Dアーティストのための人体解剖学

0 件のコメント :

コメントを投稿