【 MAYA 】 寒い季節は自宅で3Dスキャン ! 流れを知るとやりたくなる !!

自宅で3Dスキャンそしてリトポまで、流れを理解するとやりたくなりませんか?

いつも楽しい記事を連載されている“作りながら学ぶMAYAインディゾーンブログ”さん
今回は自宅でも出来そうな3Dスキャンからのリトポを紹介されています。

寒い季節自宅に居る時間も増える中、時間を有効に使いたい時最適なのが
3Dスキャン!

知っては居たけど今まで実際にやった事無い方や、フォトグラメトリーを採用している大手企業への就職を目指しアピールポイントを作りたい方等、一度流れを把握してみると実際にやってみたくなりますよ !

僕も昔スキャンやモーキャプ目的でキネクトを購入しいろいろ試した時、事前に見たサイトで流れを把握出来た事が後押しになりました、その後は自宅で出来る事が広がった嬉しさを堪能出来ました。

3-1 このプラモをスキャン→リトポします

3-4 下地を塗った後多角度から撮影

1-4 ポイントクラウドで浮かぶボディ !

1-10 不要部分を消してリトポ用ベースの完成、細い部分もちゃんととれてる

2-14 後は楽しいリトポ作業、僕はこの工程大好きです !

2-15 ここまで来るとやった感を味わえそう、手元のプラモと見比べて至福のひと時になりそう


インディーゾーンさんのBlogでは写真からの立体化にPhotoScanを使用しています

無料で進めたいに方は123D Catchもおすすめです

1回やってみると有効性に気が付きます
結構前からあるサービスだけど周りに試してない人多い気がしたので、この機会に是非 !

家族の顔や普段使っているバッグ等、見慣れたものをモチーフにすると
新鮮な発見があるかもしれません。

【 前編 】 【 後編 】

マヤ道! ! : The Road of Maya

Autodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル

0 件のコメント :

コメントを投稿