宮崎駿は天才。ここまで付き合ってきていまだに飽きない


【 レッドタートル ある島の物語 】

9月17日(土)全国ロードショー

ジブリ映画は子供と一緒に行くと、他の映画よりも“映画館に行くイベント”感がある
おそらく家で何度もリピートして見ている作品が多いので、それを映画館のスクリーンで
見に行くという特別感があるのだと思う。


鈴木敏夫プロデューサーが、一ツ橋ホールで開催されたジブリの最新作
『レッドタートル ある島の物語』の試写前に講演を行ないました。

制作秘話がたっぷり語られ、最後には「いやー、天才ですよね。
ここまで付き合ってきていまだに飽きない。
見ていて楽しくて仕方がない」と笑顔をみせました。
※リンク元サイトジブリのせかいさんから引用
【 参考サイト 】








レッドタートル ある島の物語

単行本:9月14日発売
(内容紹介)
どこから来たのか どこへ行くのか いのちは?
嵐の中、海に放りだされた男が小さな無人島に打ち上げられた。
必死に島から脱出しようと試みるが、見えない力によって何度も島に引き戻される。
絶望的な状況におかれた男の前に、ある日、一人の女が現れた――。
詩情あふれるマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督初の長編アニメーションを絵本化。
池澤夏樹の言葉で物語る。

0 件のコメント :

コメントを投稿